2014.3.11

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 15:22
震災から3年。
生きることと死ぬことは紙一重だと思った当時のことを今も思い出します。
自然の力に対して人間の力は非力で何もできない。
自然界の中では死ぬことの確率の方が高い。今、自分が生きているのは偶然の重なった結果であり、何かの偶然によって生かされていると思います。
そのことを胸に日々一瞬一瞬の時を大切に生きていくこと。それが亡くなった方に対して自分のできることのひとつだと思います。
なくなった方のご冥福をお祈りします。

今年は今までできなかった震災復興にも積極的に参加していきたいと思います。


富田健太郎建築設計事務所(http://www.tomitakentarou.com/)
富田健太郎
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM